訪問介護事業所で重要なサービス提供責任者になれる

イメージ

実務者研修とは、今後、介護福祉士の国家試験受験者に義務付けられる合計450時間の研修のことです。この研修の受講資格は特にありませんが、受講内容は、介護の基礎知識から始まって、認知症の理解や、たん吸引や経管栄養のこと、身体介護の実習(介護福祉士国家試験における実技試験が免除されるほどの高度な介護技術)を学ぶ研修となっています。

 

最終的に介護福祉士の受験をしない場合であっても、この実務者研修を修了することで、訪問介護事務所におけるサービス提供責任者のポストに就くための要件を満たすことになります。

 

サービス提供責任者というのは、事業所におけるキーパーソンです。その業務は、一般のヘルパーの訪問スケジュールを調整したり、介護の技術指導をしたり、訪問介護計画を立てたり、モニタリング(介護サービスが適切に提供されているか・改善すべき点はあるかをチェックすること)をしたり、ケアマネージャーと連絡調整をしたりと盛りだくさんとなっています。

 

実務者研修を修了すれば、従来のホームヘルパー1級、介護職員基礎研修終了、介護職員初任者研修プラス実務経験3年と同等以上と見なされ、就職の際には、大変高く評価されます。面接の時にアピールできる最大のポイントは、最新の介護技術や医療知識を学んでスキルアップしたということでしょう。訪問介護事務所では、常に優秀な人材を求めています。これから就職を考えている人は、実務者研修終了を目指してみてはいかがでしょうか。