コミュニケーション

イメージ

介護福祉士に対する社会からの需要が今後益々増加し続けるであろうことは容易に想像がつくことでしょう。それに伴ってその分野での法律も改正されてきました。介護事業を行うためには幾つかの資格が必要となっていました。それらを今後は実務者研修を受講するという方向に統一されることとなったのです。このように実務者研修を取り入れることで介護事業を効率的に行うというメリットの他、資格を取得される方にとりましても非常にわかりやすくなるというメリットも含んでいるのです。

 

実際にその講義は幾つかのセクションに別れており、それらを全て受講することとなっています。その中に介護におけるコミュニケーション技術という科目があります。特にこの科目は、実務者研修の中でもこれから事業を行っていく上で非常に重要な部分となる科目になります。何故ならば、事業の対象となるのは私たちと同じ人だからなのです。対象が物であればこのような科目は必要なくなります。人であるからこそ、その方に対する接し方等をこちらも学んでいく必要が出てくるのです。

 

今現在でも、施設の入所者との間に色々なトラブルがあり、それらが大きな問題へと繋がっている現状があります。中には職員が入所者を物扱いするような言動や行動を起こしていることもあり、現場では悲惨なことになっていることもあるのです。実務者研修ではそのような大変な事にならないようにするために、入所者本人だけではなく、そのご家族とも含めてどのようにコミュニケーションを図っていくのかということを学んでいきます。