吸引研修

イメージ

介護福祉士はたんなどの吸引をすることは昔はできませんでした。しかし、法改正によって介護士もたんなどの吸引ができるようになり、実務者研修を受けることによって吸引ができるようになりました。吸引研修という形で実務者研修を特別に設けられています。そうすることによって、本来は看護師や医者しかできない医療行為であった吸引行為ができるようになります。

 

吸引研修の実務者研修は、介護福祉士や介護者初任者研修を受けたヘルパーなどにとって現場で活躍できる能力となります。各資格習得施設などで数日で習得できることがほとんどです。

 

介護現場での実務者研修ではたんの吸引を行うことで、その人の命を救うことができることもあります。たんの吸引ができなくて、看護師を呼んでいる間に患者さんが死んでしまうこともあります。しかし死んでしまいうからと言って、そこでたん吸引をしてしまっては法律違反となります。法律によって命がなくなるというのもおかしな話ですが、たん吸引の技術があると証明されていないければできない危険な医療行為でもあるのです。ここで吸引研修を受けていないのにたん吸引をして、患者さんが死んでしまった場合は、その介護福祉士が罪に問われることになります。

 

そうした患者さんの命を守るという意味でも取っておくと便利な資格となります。介護福祉士やヘルパーが患者さんのもしもの時の命を守るためにも必要となります。介護福祉士の実務者研修として、吸引研修は受けておいた方がいいでしょう。